1. ホーム
  2. 雑記
  3. ≫宿南章先生のブログを見たら犬にキャベツはダメだって

宿南章先生のブログを見たら犬にキャベツはダメだって

朝はドックフード、夜は手作り食を作っています。
問題は夜の手作り食です。
宿南章先生といえばデイリースタイル プレミアムフードでも紹介しています。

何気なく宿南章先生のブログを見たら、なんと!

キャベツは毒!

犬には結石が多く、シュウ酸結石が増えている。
そして、シュウ酸はホウレンソウに多い…

あれ!?? キャベツに関係ない??

それが、関係あります!!
次のデーターを見てください。↓↓↓

主な野菜の「シュウ酸」含有量(100g中)
1、ホウレンソウ  770mg
2、キャベツ    360mg
3、レタス      330mg
シュウ酸が多いのでホウレンソウはダメと言われることが多いですが、キャベツは指摘されることがほとんどないと思います。 しかし、総摂取量は、 シュウ酸含有量 × 食べる量できまります。

ホウレンソウを多量に、または、毎日与えられる人は少ないと思います。ですが、キャベツはたくさん、または、毎日与えらる人は多いかもしれませんね。 もっとも手軽な野菜だからです!

宿南章先生のサイト

野菜は犬には毒うっそ!
毎日のようにあげていた。
それも、何年も。
どうりで、エリーは時々、すごい下痢になります。
キャベツだけのせいじゃないかも知れませんが。
なんと、レタスもたまにあげていたし、ホウレンソウも安ければあげていた。

ショックで倒れそうです。

その中であげても良い野菜って「小松菜」
他にないのかしらって思います。

なぜキャベツをあげていたかというと、犬の祖先オオカミは草食動物の胃や腸を食べていたため、野菜を柔らかく似てあれば、同じような効果が得られると思ったのです。

ただ、その野菜の種類として、高値でも量があるキャベツは最適でした。
小松菜などは、1袋でも1週間は持ちません。
キャベツだと、1日、葉を1枚。
犬だけにあげるとしたら、かなりの日数食べられます。

野菜ってたくさん種類があるんですよね。

しゅう酸が多い食品

「シュウ酸が多い食べ物」をネットで検索すると、大方次のような答えが返ってきます。

ほうれん草、緑茶、タケノコ、モロヘイヤ、さつまいも、レタス、ブロッコリー、チンゲンサイ、セロリ、大根、ナス、トマト、枝豆、未熟なバナナ、ピーナッツ、チョコレート、レモンの皮、コーヒー、紅茶、ココア、ビール

チンゲン菜もダメですか。。
サツマイモもダメですか。。
はぁ、ちょっと考えなくてはいけません。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。


Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)